プログラミングスクールは授業料は大切

プログラミングスクール選びに注意すべきことは、「料金」です。私は今まで幾つか習い事を経験してきましたが、「安ければいい」「高ければいい」という訳ではありません。値段だけを見て「安い」「高い」を判断しないことです。「1ヶ月に何回受講可能か」「実義中心」「板書中心」「1対1」「転職支援があるか」「講師は専任と非常勤の割合はどれくらいか」を確認してから受講料と授業内容が見合っているか確認しましょう。私自身は勉強が苦手、暗記するのに時間がかかるので、「対面式受講でお金をかけるよりも、授業回数は少なめ、スクールから頂いたテキストを中心にして勉強、その分、1回分の授業時間を多めにしてほしい」と思っています。プログラミングスクールは授業料が安いとは言えないので、受講されるご本人が何を重要視するのか、通学であれば自宅から近い方が通学しやすく挫折しづらい、「今日は頑張って受講しよう。」という気持ちになります。

挫折しないスクール選びが重要!

途中で挫折してしまうことがないように、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことが重要です。
就職をサポートしてくれるプログラミングスクールもあるので、就職につなげたいと思う人は選ぶ基準になります。
優良企業やエンジニアの非公開の求人まで紹介してもらえる場合もあります。
エンジニアに就職、転職したい人にとって、最高のサポートをしてくれるスクールを選ぶと良いです。
モチベーションの低下を防ぐためにも、たくさん質問できるかどうかも判断基準です。
プログラミング以外の質問もできるようなサポート体制があるスクールなら、挫折することなく続けられます。
マンツーマンなのか、グループなのかも重要です。
わからないことをすぐに質問できて、自分のペースで深く学びたいならマンツーマンが良いです。
仲間と一緒に助け合いながら学びたい人はグループが向いています。
無料で体験できるスクールを何ヵ所か申し込んでみて、自分に合ったスクールを見つけることが大切です。

数多くあるプログラミングスクールの選び方のコツ

小学校でのプログラミングの授業が必修になったり、コロナの影響でプログラミングの必要性が高まり、プログラミングスクールも数多くでき始めました。それぞれ様々な特色をもっていてスクール選びに困ってしまう時は、自分の条件をピックアップするのが大切です。まずプログラミングに関してレベルはどの程度なのかによって、初心者むけなのかそれとも就職や転職に向けたスキルアップむけなのかコースも分かれてきます。また専業主婦や学生さんは比較的時間がとりやすく平日の通学も可能ですが、就業中の場合は仕事が終わってからの夜の時間帯だったり週末に通えるところが前提になります。料金も様々でレベルの高い教材であれば費用も高くなりますが、入会キャンペーンを行っていたり一括で支払うと割安になるところもあるので積極的に利用するとよいです。自分との相性の良い講師がいるところもポイントになるので、時間があるのなら無料体験も参加してお他方が安心です。

プログラミングでのコース選び、サポート体制、仕事につなげることについて

プログラミングでのコース選び、サポート体制、仕事につなげることについて、記載いたします。

まず、コース選びについては、WEB制作をしたいのかWEB開発をしていきたいのかで違ってきます。
ホームページ制作をするのか、アプリ開発をしていくのかで学ぶ言語が違いますので、
自分のやりたいことをはっきりさせておく必要があります。

次にサポート体制では、マンツーマン講義がないようなプログラミングスクールは注意です。
メールでのサポート体制しか充実していないスクールもいまいちだと考えられます。
プログラミングは、作品を作ることがメインになります。
初学者の方ですと、マンツーマン講義、教室通学のあるスクールが良いと考えられます。
マンツーマン講義、教室通学で学ぶことで、プログラミングの内容が定着すると思います。
講義の内容だけの相談しかできないスクールではなく、作品制作の時にも質問ができるスクールが良いと考えられます。

最後に、「仕事につなげること」では、プログラミングの受講をして作品制作までできて、初めて、仕事を得ることができます。
講義内容をしっかりと理解できているだけでは、転職にはつながりません。
自分自身のポートフォリオという作品が無いと、転職は難しいです。
1つの作品を作ることができないと収入を得ていくのは厳しい世界だと考えられます。

以上の内容にて、プログラミングでのコース選び、サポート体制、仕事につなげることについて、まとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました